キーボードを打つ人

スマホを見る女

製作した映像のコピー

現在は、スマートフォンなどでも簡単にビデオ撮影でき様々なシーンを映像に残すことが出来ます。企業では、PRのための映像を各自で撮影しとして編集ソフトを使い編集を行っている企業もあります

Read more

手の上のネットワーク

USBの活用

USBメモリーは、データーなどの記録メディアとして多くの場で使用されています。また、USBは記録用以外にもキーボードやマウスなど様々な入力デバイスとしても活躍をしています。

Read more

コールセンターの女性とパソコン

USBの発展

DVDやCDなどのメディアを一度に多く製作する際に使われるデュプリケーターは、業務用の機器として使われていますが、一般の方でも多くの人が利用をしています。また、USBメモリーも多く使われるようになり始めました。

Read more

安全性のあるUSB

キーボード操作

現在ではUSBメモリーを所有している人も多いのではないでしょうか。 昔はそれなりに高額だったUSBメモリーですが、現在では4GB程度のUSBメモリーなら500円以下で購入することも可能になっているのでパソコンなどからデータをコピーして持ち歩く場合には非常に便利な製品といえます。 ただし、貴重な情報をコピーしたUSBメモリーを紛失してしまった場合は厄介なことに発展してしまう可能性があります。 特に個人情報などが記録されたUSBメモリーを紛失してしまった場合は厄介です。 現在ではデジタルカメラやデジタルビデオカメラで簡単に高画質の映像や画像を録画できる環境が整っていますので、プライベートな映像や映像を記録している人もいるのではないでしょうか。

セキュリティUSBを利用すれば一定の安全を確保することができるので、仮に紛失した場合に他人に見られたら困るデータをUSBメモリーに記録している場合はセキュリティUSBを利用すれば安心です。 以前はインターネットに接続しているウイルスに感染したパソコンを通して個人情報が流出することが頻繁に起きていましたが、現在ではUSBメモリーを紛失して個人情報や勤務先の仕事に関わる個人情報が漏れ出してしまう事例が相次いでいます。 もし、個人的な情報でもUSBメモリーに記録されたデータによっては日常生活に大きな支障をきたす恐れがあるので、頻繁にUSBメモリーを利用するならセキュリティー機能を備えたセキュリティUSBを利用するのが無難だといえます。 セキュリティUSBにはウィルスチェック機能やパスワード機能、データの暗号化機能などが備わっているので安全性は確かです。