USBの発展

コールセンターの女性とパソコン

デュプリケーターというと、CDとかDVDとかのメディアを大量に複製する時に使う機械です。 普通は業務用の機械ですが、一般の人でも愛用している人は居ます。 また、デュプリケーターと言う言葉は直訳すれば複製機と言う意味なので、CDやDVDに限らずUSBメモリなどを複製するものもあります。 ですが、デュプリケーターと言えば一般的には円盤状のメディアの複製機と言った意味で用いられるのが普通です。 このデュプリケーターは、音楽メディアやPCの記録メディアがCD全盛だった頃に、もっとも活躍した機械です。 しかし最近ではUSBメモリや通信の大容量高速化もあって、CDやDVD用途のデュプリケーターは廃れつつあると言えます。

円盤状のメディアの流通は、画期的な技術革新でも起こらない限りは、何らかのメディアに置き換わって行くでしょう。 ただしメディアに要求されるのは、データ容量や値段、扱いやすさなど多岐に渡るので、一概にどの様に変わるかは言い切れません。 過去、期待された記録メディアは幾つかありましたが、一般に受け入れられず、普及しなかったということは何度もあります。 その点、CDとDVDの普及率は非常に高いものです。 この普及したという事実があれば、それを扱う機械は長い間生き残ります。 例として、フロッピーディスクは機能的には大昔のものでありながらも、ごく最近までフロッピーディスクドライブは販売されていました。 その意味で、CDやDVDが使われなくなっても、読み取ることが出来ないと言う事態はかなり未来まで起こりません。 CDやDVDのデュプリケーターは過去のものになりつつありますが、用途としてはまだ十分にあると言えます。